男性

プロペシアには副作用がある|安全性を問う

AGA治療

サプリメント

遺伝子検査を早めに受ける

名古屋にはAGA治療のクリニックが多くあり、特に名古屋駅の周辺には多いです。AGAの治療薬の代表的なものというとプロペシアという薬です。プロペシアはアメリカで開発された薬で日本ではMSDという会社が製造販売の認可を受け2005年から販売しており、0.2mgと1.0mgの2種類があります。AGAは既に症状が出てから治療するのは時間やお金もかかりますので、早いうちに遺伝子検査をすることをお勧めします。なぜなら、検査によってAGAを発症する可能性を確認できるからです。発症する可能性が高いのなら早めに治療を始めることで進行を早く食い止めることが出来ます。この検査は名古屋のクリニックでも受けることが出来ますし、自宅でできる検査キットもあります。

どんな薬なのか

DHT(ジヒドロテストステロン)というのがAGAの原因物質ですが、このDHTは5α還元酵素によって生成されます。プロペシアはこの5α還元酵素を阻害することでDHTを抑制するので、痩せてきた髪にコシが戻ってきたり、休止期にある髪の毛が成長を始めてAGAを改善します。国内で行ったプロペシアの臨床試験では1mgを1年投与することで50パーセント以上の改善効果があり、2年3年と続けることで効果は更に上がるのですが、これは20代から40代までの結果ですので50代以降では下がると思われます。このことからも早めの治療をお勧めします。プロペシアにはジェネリックもあり、名古屋のクリニックでも処方を受けることができます。